アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コースダイビングを制限なく楽しめる中級ダイバーになる!

アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース

  • アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース
  • アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース
  • アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース
  • アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース
  • アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース
  • アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース
  • アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース
  • アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース
  • アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース

ダイビングを制限なく楽しめる中級ダイバーになる!

PADIアドバンスドオープンウォーターダイバーは、オープンウォーターダイバーコースで習得した基礎知識とスキルを更にダイビングを楽しむために海での経験に特化したコースです。
2日間で5ダイブしますが、ディープダイビング(-18m以深-30mまで)、水中ナビゲーションの2つの必須ダイビングを中心に、ナイトダイビング、中性浮力、水中ナチュラリスト、サーチ&リカバリー、ドライスーツなど、数多くご用意された選択ダイブより3種類お選びいただきの合計5種類。
学科の筆記テストもなく、楽しみながらステップアップしていただけます。
テーマのあるファンダイビング(遊びのダイビング)と思っていただければ。
講習中の最大深度は-30mまでですが、ご取得後は最大-40mまでのダイビングが可能になります。
世界中の海で楽しむのであれば必須のランクです!

受講資格

PADIオープン・ウォーター・ダイバー以上、又はそれと同等の他団体Cカードレベル

講習内容

知識の復習と海洋実習5ダイブ(必須2ダイブ+選択3ダイブ)計2日間以上

  • 学科
  • 海洋実習(5ダイブ)

eラーニングでご受講の方は、ご受講いただく5種類のダイビングの該当箇所を見てきていただきます。
紙マニュアルの方もマニュアルのご受講いただく5種類のダイビングの該当箇所を読み、ナレッジリビューを自宅学習していただき、当日インストラクターにご提出いただきます。
海洋実習後のご提出でも大丈夫です!

ディープダイビング、水中ナビゲーションの2種類が必須ダイブ。その他、数多くある選択ダイブより3種類のをお選びいただき、合計5種類で5ダイブ。中性浮力、ドライスーツ、水中ナチュラリスト、サーチ&リカバリーなどがお薦めです。

料金表

コース・フィー

59,800円(税別)

コース・フィーに含まれるもの

講習費
知識の復習、海洋実習、全ての講習費

海洋実習費
海洋でのシリンダー代や施設使用料(シャワーや更衣室など)、 入海料(地元の漁業組合に支払うもの)、ウエイトレンタルなどの費用

教材セット
PADI アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・ eラーニング($187)

申請料
Cカードの申請料 (¥5,180)

送迎費
当店から海洋実習地までの往復の送迎費

宿泊費
海洋実習(2 日間)宿泊で受講の場合の宿泊費(朝食付)¥8,000~¥12,800

コース・フィーに含まれないもの

レンタル器材代

海洋(2 日)で使用するレンタル器材一式〈¥7,000/日〉
ウェットスーツシーズン(7 月~9 月)は別途ウェットスーツレンタル代がかかります。〈¥2,500/日〉
ドライスーツシーズン(10 月~6 月)は別途ドライスーツレンタル代がかかります。〈¥4,500/日〉
レンタルウェット、レンタルドライは充分にサ イズをご用意しておりますが、お客様のサイズがご用意できない場合は、ご購入いただく必要があります。
当店のレンタル器材、および当店販売器材 以外の器材をご使用になる際は、器材お持込料をいただいております。

 

食事代
海洋実習の宿泊時、朝食以外のお食事代

 

追加実習費

PADI に規定されているスキルの達成条件を日程内で満たせなかった時は、追加の講習が必要です。
その場合、追加実習費(1 日¥25,000 税別)がかかります。

当店の全ての講習は保険に加入しております。

表示価格は全て税別価格です。

  • Dive1

    ディープ・ダイビング

    アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース

    オープン・ウォーター・ダイバー・コースでは水深18mまでのダイビングを経験しました。
    アドバンス・コースでは水深30m近くまでのダイビングを経験します。
    ディープ・ダイビングのテクニックと、深度下での環境変化と人体に与える影響について学びます。

    海外やリゾートなどでのダイビングはほとんどが水深18m以深です。
    またオープン・ウォーター・ダイバーとアドバンス・ダイバーとでは深度や経験によりダイビングするポイントを分けられることがしばしばあります。
    なぜならばアドバンス・ダイバーはオープン・ウォーター・ダイバーと比較するとその先のトレーニングを受けているからなのです。
    ダイビングを更に楽しむためにも是非、取得しておきたいですね。

    ここが中級ダイバー『アドバンス・ダイバー』の違いです!

  • Dive2

    ナビゲーション・ダイビング

    アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース

    水中コンパスを使った水中ナビゲーションの練習ダイブです。
    「今どこにいるのか分からなくなっちゃった!どうしよう???」、そんな悩み解消です。
    オープン・ウォーター・ダイバー・コースでは直線往復コンパス・ナビゲーションでしたが、アドバンスコースではもうちょっと応用です。
    マスターしておけば水中で迷うこともありませんし、自分が今いる位置を把握してダイビングしているとリラックスして楽しいダイビングがもっと楽しくなりますね!

    ここが中級ダイバー『アドバンス・ダイバー』の違いです!

  • Dive3

    ナイト・ダイビング

    アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース

    その名の通り、夜潜るダイビングです!
    オープン・ウォーター・ダイバー・コースでは昼間の明るい環境でのダイビングでした。
    アドバンス・コースではナイト・ダイビングを経験しましょう。
    昼間とは全く違う環境。
    水中ライトを頼りに夜の水中を大冒険!
    最初は怖がる人も多いですが、ナイト・ダイビング後は100%の人が感動に大興奮してエキジットしてきます。
    昼間とはちょっと違ったテクニックが必要ですから、アドバンス・コースではこのテクニックと夜の環境について学びます。

    ここが中級ダイバー『アドバンス・ダイバー』の違いです!

  • Dive4

    ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー・ダイビング(中性浮力)

    アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース

    中性浮力はダイバーの永遠の課題ですね。
    アドバンス・コースではオープン・ウォーター・ダイバー・コースで学んだ中性浮力のスキルに磨きをかけます!
    「どうしたら水中環境を傷つけないダイビングができるか?」「どうしたら水底の砂を巻き上げないダイビングができるか?」など、水中環境保護についての意識も高まります。
    そして一番の違いは!
    中性浮力が上手くなるとエアーの消費が少なくなり、ストレスなく、ダイビングがより一層楽しくなります!

    ここが中級ダイバー『アドバンス・ダイバー』の違いです!

  • Dive5

    水中ナチュラリスト・ダイビング

    アドバンスド・オープン・ウォーター・ ダイバー・コース

    ここまでアドバンス・コースを進めてきたらもうあなたのダイビングには余裕が出てきましたね?
    ダイブ クラップスのアドバンス・コースの締めくくりは水中ナチュラリストです!
    もう既にあなたはダイビングがストレスなく余裕も出てきて楽しくて仕方ない状態ですから、水中をすごく楽しむことができます。
    楽しみながら水中生物を見て、水中生物について学びましょう!
    意外な発見がたくさんあります。

    ここが中級ダイバー『アドバンス・ダイバー』の違いです!