エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コース救急法のインストラクターになる!

エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コース

  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コース
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コース
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コース
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コース
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コース
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コース
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コース

救急法のインストラクターになる!

EFR(救急法)を講習・認定できるEFRインストラクターコースです。
EFRインストラクター・トレーナーのいるダイブ クラップスだから開催できるコースです!
アマチュア・ダイバー、プロフェッショナルダイバーに限らず、ノンダイバーの方も、アマチュアのEFRをお持ちの方はご受講いただけます。
救急法を教えられるインストラクターになることは、いざというときに救命救急のスキルを身に着けている方を増やすことができます!
1人でも多くの人を救うことができるスキルを習得している人を講習・認定できます!
またダイビング・インストラクターを目指す方は、インストラクター・エグザミネーション(インストラクター試験)を受験の際、EFRインストラクター資格をお持ちでないとダイビング・インストラクター試験に合格してもダイビング・インストラクターの資格がホールドされ、EFRインストラクター資格申請まではダイビング・インストラクター資格の発行がされません。

★ 受講資格

PADI ダイブマスター以上。アマチュア・レベルのEFRとCFCをお持ちの方。

★ 講習内容

AEDを含む1次ケアと2次ケアの2部構成のEFRとCFC(ケア・フォー・チルドレン)の

アマチュア・レベルと同等の内容を教える側の視点に立った講習、更に EFR インストラク ターのための知識開発講習。2 日間。アップデート・クロスオーバーは 1 日。

  • スタッフ・プレゼンテーション
  • ワークショップ
  • エグザム

EFRインストラクター・トレーナーによる8つのプレゼンテーションを聴講。
スキル中心のEFRのアマチュアコース。
EFRインストラクター・コースでは、教育理念、学習と指導、マーケティングにも焦点が当てられています。

スキル指導のワークショップ
インストラクターが生徒さんに教える指導方法のワークショップ。
教え方に焦点が当てられています。

子供ためのケア CPRとAED ワークショップ
ケア・フォー・チルドレン(CFC)のCPRとAED。
子供に対して行うCPRとAEDの大人との違いについて学習し、ワークショップにてスキル練習。

スタッフ・プレゼンテーション、スキル・ワークショップの後、EFRインストラクター・エグザムを実施。

料金表

コース・フィー
50,000円(税別)
DMの方は 55,000円(税別) 2日
アップデート・クロスオーバー 28,000円(税別) 1日
コース・フィーに含まれるもの

講習費
全ての講習費

コース・フィーに含まれないもの

教材費
EFR インストラクター・マニュアル、アマチュア・レベルの EFR & CFC マニュアル、DVD

申請料
認定時の PADI への申請料(¥7,740)

一次ケア
生命にかかわる事態に際し、救急車が到着するまでの間、CPR(心肺蘇生法)や AED(自動体外式除細動器)などの緊急ケアを教える側に立った焦点で学習。

二次ケア
即座には生命にかかわらないケガや病気などの 適切なファースト・エイド(応急手当)を教える側に立った焦点で学習。

子供のための ケアコース
子供(1歳未満の乳児と8歳までの小児)に対するケアを教える側に立った焦点 で学習。大人とは違った、子供特有の対処方法の教えやすい方法を学習。 日本の小児救急医療体制はまだ十分とはいえない。一人でも多くの子供のための ケアのできるレスポンダーを増やせる人間になろう。

表示価格は全て税別価格です。